2010年04月21日

太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)

 政府の行政刷新会議の下に置かれた規制・制度改革分科会(会長・大塚耕平内閣府副大臣)は15日、環境ワーキンググループ(WG)を開き、今後の検討テーマ約20項目を決定した。6月までに結論を出す重点項目として、太陽光など自然エネルギーの導入促進に向けた規制緩和や、レアメタル(希少金属)のリサイクル促進などが取り上げられる見通しだ。 

【関連ニュース】
18歳投票、3年以内に法整備=枝野行政刷新相
薬のネット販売など重点項目に=農協関連も対象
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転
民主新人が仕分け報告=枝野氏「期待以上」
次世代車、10年後20〜50%=国内販売で目標

データ改竄で解雇、元筑波大学院教授の請求を棄却 水戸地裁支部判決(産経新聞)
<薬害C型肝炎>原告団代表の山口さん、自叙伝の出版記念会(毎日新聞)
<酒気帯び運転>都立高副校長が交通事故…容疑で書類送検へ(毎日新聞)
茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)
posted by モリワキ キヨイチ at 01:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。